健康相談:冷え性

最近は、衣食住、生活環境の変化で、若い人も冷えで悩んでおられる人が多いですね。体の冷えは免疫力を低下させ、色々な病気を引き起こします。
Q 28歳女性。とにかく寒い。夏はクーラーで冷えます。生理が不順で2〜3か月なかったり、出血すると止まりにくい。将来の妊娠のことを考えると今の間に治しておきたいと思います。手足はほてります。唇にはリップを離せません。疲れやすいです。
A 温経湯がいいと思います。これは12種類の生薬で構成され、体を温めて生理を順調に整え、心の安定も図る働きがあります。
普段からとにかく、あったか〜いもので、お腹から温めることが大切です。温野菜や鍋物がおすすめです。飲み物もココアがいいでしょう。
また、自分に合った方法で体を動かすことも心がけてください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です