「寒くなり血圧が上が ってきた。漢方で何か良いものは?」とのお尋ねが増えています。

Q 52歳男性。太り気味で便秘やのぼせ感もあり、気持ちが落ち着かず眠れない日も多い。最高血圧は、150ほどで不眠とのぼせでつらい。なんとかならないか?
A 黄連解毒湯(おうれん げ どくとう)がいいでしょう。黄連(おうれん)、黄芩(おうごん)、黄柏(おうばく)、山梔子(さんしし)の生薬で構成されており、とても苦いのですが、不安焦燥感を鎮静させ、血圧も安定させる作用があります。

Q 61歳女性。顔はほてる、手足は冷たい、頭痛、めまい、肩こり、血圧が高い。いつも疲れ感があります。一度すっきりしたい。
A 釣藤散(ちょうとうさん)がいいでしょう。この薬は頭にのぼった「気」をおろすことで気分を落ち着かせ、色々な症状を改善する作用があります。

普段からおなかがあたたまるような食事を心がけてくださいね。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。