健康相談:花粉症

今年は花粉の飛散が例年より多いといわれています。まず言えることは、体が冷えて免疫力が低下すると症状は強く出ます。次のような漢方薬での相談が多く寄せられます。

Q 女性38歳。毎年目のかゆみ、くしゃみ、鼻水という症状から始まります。病院で処方される抗アレルギー剤で一応は治まりますが、軽く済むようになる漢方薬はないのでしょうか?
A 体を温める漢方薬を一日1回でも服用されるとよいと思います。
◎体を温め、免疫力を高める双参(そうじん)(人参と、えぞうこぎ含有)がおすすめです。
◎手足が冷えて、しもやけができやすい人は、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を。
◎お腹が冷え、下痢しやすい人は附子理中湯(ぶしりちゅうとう)を。
一年を通じ、温かいものを食べて、体が冷えないように体調を整えておくことが大切です。


漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です