健康相談:気温の変化による体調不良

長い暑さが続いた後、朝夕の冷え込みや、急激な温度差で体調を崩し検査ではどこも悪くないのにしんどい。どうすれば良いのでしょう?
まずは「体」、「腸」を温めることが一番です。毎日でも鍋物を食べて体の中から温めてください。たくさんの野菜と魚や肉類を入れると栄養満点。消化も良いです。

次は、薬の紹介です。
双参(人参とえぞうこぎ配合)を、お湯に溶かして服用してください。
②下痢しやすい人には人参湯六君子湯
③倦怠感には補中益気湯
④疲れや風邪には、漢方薬とビタミン剤配合のノンカフェインのドリンク剤を。
⑤年末年始の飲み過ぎ、二日酔には、五苓黄解が良いです。
健康の基本は「腸」。腸内細菌のバランスを良くすることです。ビフィズス菌と乳酸菌に漢方生薬配合の証陽散EXがおすすめです。そしてゆっくりお風呂につかってリラックスしてくださいね。

漢方薬 処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です