こどもの心理を知ろう:深田式 コロナストレス解消法

コロナウイルス感染症拡大予防のため、「3密」(密閉・密集・密接)を避ける必要が長らく続いています。
今回は、在宅勤務の父、派遣切りで無職の母、小2と小4の子ども(全員が陰性)という家庭でのストレスを解消する方法です。
3つの「密」。「密談」「密度」「密接」です。まず密談。1ペイから100ペイの紙カードを作ります。子どもが家のお手伝いや勉強をする。子どもの「お利口行動」に対して、それぞれ何ペイを渡すか両親で「密談」して決めます。1ペイは1円です。逆に「お利口行動」をしなかった場合はペイカードの没収です。行動心理学でも報酬と没収で問題行動を解消させる治療法があります。また子どもの「お利口行動」が100ペイを超える場合には何かボーナスをあげてもいいでしょう。
次に「密度」です。何の密度か?それは「愛情」です。子どもをお金で行動させるのではなく「お利口行動」を習慣化させるという目的です。
そして「お利口行動」が続いた場合に最後の「密接」です。子どもを強く抱きしめてあげてください。これで親のストレス、子どものストレスは解消するでしょう。

こころの教育Q&A こどもの心理を知ろう
関西カウンセラーズ研究会
心理分析室 深田昭一(上級教育カウンセラー)
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です