健康相談:「頻尿、多尿、尿もれ」について

今夏の暑さから秋になり急激な冷えで、頻尿の人が増えています。また、年を重ねると腎臓機能の衰えがきます。

Q 68歳男性。コロナの影響もあるのか、疲れやすく、夜間排尿が増えています。眼精疲労や視力低下もあり、白内障の手術もすすめられています。漢方で両方に良い薬はないでしょうか?

A 漢方では下焦(げしょう)の腎気(腎臓、副腎、泌尿、性器などの作用を含めた機能)が弱ると、利尿不調、血行の停滞が起こると考えられ、目や耳にも影響が起きます。目に良いといわれている枸杞(くこ)の実菊花(きくか)が含まれている杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)が良いと思います。
今の時期は冷えで症状が悪化します。内からは温かい物を食べてお腹の中をしっかり温め、外からは足湯で足元から、温めてみてください。

漢方薬 処方箋調剤 カジタ薬局

薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です