こどもの心理を知ろう:出会い

 この時期は変化の時期に突入します。言い換えれば「出会いと別れ」の時期です。
 変化を好む子ども。逆に変化を嫌う子ども。徐々に変化になじんでくる子どもと3つに分かれます。私の場合、子どもの頃より変化が大好きな少年でした。それは今も継続中です。
 カウンセリング研究会で卒業があります。別れですね。その代わりに新規募集で出会いがあります。どんな人たちと出会えるんだろうと、期待に胸を膨らせます。言いたいことは、その方が生きていく上で楽なのです。また新たな環境に順応し、新たな出会いを楽しめるからです。
 「小才(小さな才能の人)は縁に出会って縁に気付かず。中才は縁に気付いて縁を生かせず。大才は袖触れ合うも他生の縁と、これを生かす」。これは徳川将軍家の剣の指南役、柳生家の家訓で、私の座右の銘の一つです。もう一つの座右の銘は「君子豹変す」です。自分のやり方が間違っていれば180度転換するという潔さです。
 4月は出会いの時期です。それを生かすか、生かさないかは、思考の転換です。大いに新たな出会いを楽しみ、広い視野を持てるように、子どもさんに伝えてくださいね。
こころの教育Q&A こどもの心理を知ろう
関西カウンセラーズ研究会
心理分析室 深田昭一(上級教育カウンセラー)
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です