知っ得 英語学習 Vol.1:学校の英語はまさに過渡期!

学校の英語はまさに過渡期!

今年度より中学校の英語の教科書が変わったことをご存じでしょうか。 既に小学校では外国語活動として、英語の授業が行われてきましたが、昨年度からは英語が「教科」になりました。「教科」になると何が違うのでしょう。高学年のお子さんがいらっしゃる保護者の方なら、通知表に独立した項目ができたことに気づいたかもしれません。「教科化」したことで、正式に成績がつくようになりました。
今まで小学校での“外国語活動”では「体験的に英語を使ってみよう」というスタンスでしたが、「英語が使えるようになりましたね」という風に進み、それを踏まえて、中学校のスタート時には「小学校で英語を学んでいるからできますよね!」という認識になります。これまでは半年かけて導入してきた文法を、今年度からは一気に学びます。
抵抗なく中学の英語授業に臨むためには、小学校での外国語活動では積極的に話して、英語を体で覚えているくらいになるといいですね。
中学校で困らないために、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

アルクKC英語教室〈枚方市長尾家具町〉
TEL 090-6758-1134

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です