こどもの心理を知ろう:正直者

このような話があります。アメリカのある企業での話です。社長が社員を集め一つの種を配り、こう言います。「1年後に、この種に花を咲かせてきなさい。一番綺麗に花を咲かせることができた者に社長になってもらう。その時、私は社長を引退する」と。社員たちはその種を持ち帰り育て始めます。
さて1年後、一人を除いては甲乙つけがたいほど、立派な花を咲かせました。ただ一人を除いて全員です。そして、その一人の名前はポール。全く花が咲いていないのです。それを見た社長はポールに「君が次期社長だ」と言いました。ほかの社員たちは驚きを隠せません。ここで社長はこう言いました。「君たちに渡した種は元々、花の咲かない種です。だから花は咲くことはないのです」と。
もうお分かりだと思いますが、ポール以外のすべての社員たちは花の咲く種にすり替えていたのです。「バカ正直」と言う言葉があるように正直者はバカをみるのでしょうか?
コロナ禍の中、コロナに罹患した人や医療従事者に対して心無い嘘や中傷、批判が蔓延する中、このような心温まるお話はいかがでしょうか?

こころの教育Q&A こどもの心理を知ろう

関西カウンセラーズ研究会
心理分析室 深田昭一(上級教育カウンセラー)
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です