知っ得 英語学習 Vol.4:英語のリズム

英語のリズム

 前回はリスニングに必要な要素の一つ、「リンキング」でしたが、今回は「リズム」についてです。

 「自然な英語ってすごく早口!」と感じる方は多いと思います。自然に話している英語は、英語に慣れない人が話すスピードよりはかなり速いのは事実です。

 でも、早口言葉のような勢いで話しているわけではありません。すべての音を基本的に同じリズムで発する日本語と違い、英語は明確に強弱のリズムがあります。

 例えば、Where are you going?(どこに行くの?)は、手拍子を打つと何拍になるでしょうか。
 すべての単語をしっかりと発音するとと4拍?goingは長いから2拍分とって全体で5拍?いいえ、答えは2拍です!Whereとgoingのgoの部分を強くゆっくりと発音し、あとはとても弱くなります。Where (are you) going?という感じです。弱くなるare youの部分はリンキングが起こり、Whereに小さくくっついて「うぇあゅ」のようになります。
 
子どもの頃から英語の自然なリズムに親しんで慣れておきたいですね。

アルクKC英語教室〈枚方市長尾家具町〉
TEL 090-6758-1134

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です