こどもの心理を知ろう:筆跡判断①

文字から性格が分かる?人の性格は日々の何気ない行動に表れます。筆跡は行動の痕跡の一つで、その人の行動パターンが分かり、性格も読み解けるのです。まず、クライエントに名前、住所、生年月日、電話番号を記入してもらいますが、ここから既にカウンセリングが始まっていると言えます。では早速、筆跡の具体的な癖についてご説明します。

筆圧が強い:エネルギッシュ、しっかりと自分を持っているタイプ。何事にも積極的な性格です。
筆圧が弱い:自己主張は控えめで協調性がある。どちらかと言えば感情型で仲間意識が強い。
文字が大きい:大らかで少し大雑把なタイプ。あまり細かいことは気にしない大胆な性格。
文字が小さい:まず考えてから行動するタイプ。自分の発言や行動に対して慎重な性格です。
丸文字:繊細なタイプ。やや消極的なところもある反面、人の気持ちを察するのが得意な性格。
角文字:神経質なタイプ。注意深くてよく気がつきますが悩みを抱えやすい一面もあります。

次号では右肩上がりや右下がりの文字など、「書き方の癖」について説明しますので、皆さん、子どもさんの性格を診断してみてください。

………………………
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。
★「関西カウンセラーズ研究会」を主宰。勉強会を開いています。見学・体験お気軽に。お問合せは伊藤または相坂まで
TEL 856-6057(伊藤)
TEL080-8945-1517

こころの教育Q&A こどもの心理を知ろう

関西カウンセラーズ研究会
心理分析室 深田昭一(上級教育カウンセラー)
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。