10月はローズが鮮やか。優雅な香りのローズティーはお湯を注ぐと、美しいブルーのティーに…。徐々に変化していく様を見るのもローズティーの醍醐味。大事なことは無農薬のハーブを選ぶことです。お友達へのおもてなしには、自家製のローズワインはいかが?デキャンタにローズレッドと白ワインを注ぎ5〜6時間。ローズレッドの赤い色素と有効成分がアルコールで抽出され、それは美しいロゼ色になります。ローズの優雅な香りとともに効能も摂取できます。ローズは月経痛や更年期の不調などに優れた効果を発揮します。 このほかの利用法としては、体内に溜まった化学物質の排出作用です。鎮痛剤や抗生物質などを摂取すると、体外に完全に排出するには2か月〜1年くらいかかると言われていますが、このローズを飲用することで約2週間で排出します。食事療法の一つとしてご利用下さい。
患者様の自然治癒力を最大に生かす、くずは統合医療クリニック(院長=阪大名誉教授・永井克也)が10月12日、当ビルに開院しました。
「統合医療」とは西洋医療を基本的に「植物療法」「食事療法」など様々な療法を組み合わせて、自然治癒力を高めるものです。難治性疾患、進行癌でお悩みの方、ご相談下さい。

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
代表理事 佐藤 忍 日本メディカルハーブアカデミー主宰 ホリスティックハーブ研究家
枚方市南楠葉1の1の27
☎072(807)3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に