緑内障は年齢を重ねると増えていく目の病気で、40歳以上の20人に一人が緑内障と言われています。現在日本では失明の一番の原因です。目で見たものを脳に伝える神経が減っていく病気で、一度悪くなってしまうと元に戻す方法がなく、現在でも大勢の方が失明しています。一言で緑内障と言っても、多くの種類があり、治療方法が異なりますので、緑内障専門の医師の診察を受けましょう。
その中でも一番多い慢性緑内障は、悪化しても目が痛くならず、自分ではなかなか気付きません。緑内障では見える範囲が狭くなっていくのですが、慢性緑内障はゆっくりと進むために見える範囲が狭くなってきていることに気付きにくいものです。また、片目が悪くなっても、もう片方の目で補ってしまい、自分では異常を感じません。そのため緑内障で見えにくくなって、来院の時にはもう手遅れのことが多いのです。対策は早く発見して、早く治療することです。親族が緑内障の方は一度近くの眼科医に相談することをお勧めします。
現時点で最も効果のある緑内障の治療は眼圧を下げることです。眼圧を下げるために、まずは目薬を使用しますが、当院では目薬やレーザー治療でも悪くなる方には、積極的に緑内障手術を行っています。最近、早期の緑内障手術が長い目で見た場合に緑内障の悪化をより防ぐことが示されました。
………………………
医学博士部長 大浦 淳史先生
日本眼科学会専門医・眼科PDT認定医・身体障害者福祉法指定医
星ヶ丘厚生年金病院
枚方市星ヶ丘4-8-1 TEL072-840-2641

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に