緑内障は現在、日本では失明の一番の原因と言われています。目で見た物を脳に伝える神経が死んでいく病気で、一度死んだ神経は元には戻りません。そのため、緑内障予防のためには、早期発見・早期治療が大事です。
ある地域で調べたところ、40歳以上の20人に1人が緑内障だということが分かりました。さらに80歳以上だと、11人に1人が緑内障で、年齢とともに増えることが分かりました。またそのうち、既に緑内障と言われていた人は20%で、残りの80%の人は初めて緑内障と言われた人でした。つまり、緑内障の人のほとんどは自分の病状に気付いていません。これは、緑内障がなかなか自分では気付かない病気だからです。
緑内障は視野が狭くなる病気なのですが、ゆっくり進行するため、視野が狭くなっていることに自分ではなかなか気付かないのです。末期になり、失明一歩手前になっていても、視力は1.5も見えている場合があります。視力が良いので車の免許も更新できてしまうため気付くのが遅くなり、緑内障のために事故を起こしてしまうこともあります。
では、どのような人が緑内障になりやすいかというと、血のつながった親族に緑内障の方がいる場合や、近視が強い方、かすみ目や疲れ目のある方などに見られます。ご心配な方は一度お近くの眼科に受診されることをお勧めします。
………………………………………………
眼科部長医学博士 大浦 淳史先生
日本眼科学会専門医・眼科PDT認定医・身体障害者福祉法指定医
星ヶ丘厚生年金病院
枚方市星ヶ丘4-8-1 TEL072-840-2641

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に