フランスで育ったオーガニックハーブの機能別ブレンドが、各器官に間違いなく効果をもたらしていることを、大阪大学名誉教授永井先生が化学的に検証。そのデータは興味深いことを物語っています。
 それは抽出時間やティーの濃さによって驚くほど効果に差が出るということ。同じハーブでもブレンドの方法、抽出時間など使い方ひとつで植物の持つ機能を最大に生かすことができるのです。
 現在、私のプロデュースしたオリジナルブレンドは、楠葉の統合医療クリニックはもちろん、堺市の医療法人、東京の医療関係の会社や表参道のオーガニック紅茶専門店で飲んでいただくことができます。さらにメディアによく取り上げられる赤坂の有名な会員制クリニックでも扱うことになりました。冷え、アンチエイジング、デトックス、個人の体調別などの機能を持つブレンドが人気です。
 現在、商標登録されているハーブ免疫療法師・ハーバルカウンセラー認定講座を開講中。
 ハーブのメディカルな使い方を学び、講師としてすぐに使える原稿まで完成させます。
 今月卒業生の中から二人が講師としてデビューします。また新しくハーブのある生活を楽しむための講座が開講。説明会は随時、優しいハーブの香りの中で…。
お申込みは TEL 072-809-2131

日本メディカルハーブアカデミー主宰 ホリスティックハーブ研究家 代表理事 佐藤忍
枚方市南楠葉1の1の27

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に