「なぜがんになったのか…」。”知らない”がための恐怖は、焦りを生み、気持ちを落ち込ませてしまうばかりか、判断を誤らせてしまいます。
 がんは何の前触れもなく突然やってくるものではありません。がんになる要因、つまり紫外線や放射線、電磁波、一部の化学物質などによって一つの細胞の遺伝子が異常を起こし、がん細胞が生まれます。発見される大きさになるまでに約10年。その間の不調はカラダのSOS。重要なのは細胞を傷つけない体内環境へと改善することです。
 「がんの再発予防セミナー」は3度目の開催になります。参加者の皆様からは「目からうろこでした」「漠然とした恐怖でいっぱいでしたが知識を得て立ち向かえる勇気が湧きました」「日常できることが分かって、すぐに取り入れました」など多くの喜びの声を頂いております。不調の意味を知ること、それががんの再発を予防し、健康で豊かな人生を楽しむためのひとつのキーワードになります。患者様だけではなくご家族の方も共に知識を持っていただければ幸いです。
がんの再発予防セミナー
12月6日(土)13時〜
参加費 1,000円 FAX要予約
FAX 072-807-3566

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
インターナショナル ブリベンティブヘルスケア 代表理事 佐藤 忍

枚方市南楠葉1の1の27

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に