食欲の秋、スポーツの秋。これは夏の暑さで疲労した体を立て直すために理にかなったことといえます。上質な食と適度な運動が疲労から回復するポイントです。
しかし、食欲に任せて食べているとあっという間に体重が増えます。実は食べすぎ、飲みすぎによる肥満は病の要因。自分に合った食べ方や食べても体型の変わらない体質を目指すことが本当のダイエットです。
健康体であれば、太りすぎもやせすぎもないはずです。太る原因は人それぞれですが、常識のウソに隠された思わぬ原因や、自己流ダイエットでやせにくい体質を作っていたりします。
なぜ、食べだしたら止まらないのか。甘いものばかり食べたくなるのか。小食なのになぜ太るのか。それは免疫力など体を守るべき働きが、バランスを崩すことによって太る体質となり、少し食べただけで脂肪をため込むようになるのです。
糖尿病のため生活習慣を正した方から2か月で8キロやせ、「こんなに簡単でいいのですか」とのお声がありました。これは糖質ダイエットとは違います。
偏ったダイエットはリバウンドや他の病の引き金になる危険性を持っています。最も美しいダイエットとは…。
真のダイエットについて詳しくお話します
「ムリをしない真のダイエット」10月10日(土)11時〜
要予約・1000円
セミナー予約は、TEL 072-807-3566へ。

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
インターナショナル ブリベンティブヘルスケア 代表理事 佐藤 忍

枚方市南楠葉1の1の27

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に