暑い日が続いていますね。この季節、汗と共に気になるのが体臭。 ワキガや加齢臭は人様とのお付き合いにも気を遣ってしまいます。かと言って柔軟剤などの強い香りは自律神経を乱してしまう原因でもあり、あなた自身のフェロモンを打ち消してしまいます。遺伝子同士が引き合う最良の出会いさえ危うくしてしまいます。
当研究所では個人のもつ常在菌のバランスをととのえることでイヤな臭いを分解するという研究結果を踏まえ、ハーブによるトリートメントエッセンスを開発しました。お風呂に10㏄入れて入浴し、バスタブの中で洗うだけの簡単ケアで、汚れと共に体臭を気にする煩わしさから解放されます。
石鹸もすすぎも要らないため、介護現場で大変喜んでいただき、これは予想外の喜びでした。石鹸で洗いすぎないので肌の常在菌のバランスがととのい、全身のお肌が潤ってくるのです。
化学添加物オールフリーという画期的なこのエッセンスは、 今までの塗って保湿するという概念を超えて肌自身が持つ保湿力アップをサポートします。
女性のための代替療法研究所では、材料から安心できる、地球と女性に優しい商品の開発を進めてまいります。
●8月のセミナーは講演・学会などのためお休みさせていただきます。

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍

枚方市南楠葉1の1の27

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に