皮膚・排泄ケア分野の内容としては、褥瘡や治りにくい傷の発生予防や発生した場合の治療環境を整えます。例えばスキンケア方法や、普段、患者さんが置かれている療養環境を調整し、治りにくい創傷が改善できるようにします。
また、人工肛門・人工膀胱の手術を受ける方へは手術前から関わり、安心して皮膚の手当てや袋の交換が行えるよう、退院以降もサポートしています。
加齢や病気、手術により便尿失禁が起きている場合は、その方の生活に応じたケア方法を一緒に考えています。
さて、読者の皆様は日
々のスキンケアをどのようにされていますか。皮膚の表面は、外界からの様々な刺激から体内を守る働きがあります。この働きを低下させないためには皮膚を清潔に保ち、乾燥を防ぐ必要があります。まずは石鹸などをよく泡立てて皮膚の汚れを落とします。泡によって汚れは取れるのでこする必要はありません。汚れが取り除かれると皮膚は乾燥するので必ず保湿を行います。入浴直後は皮膚の細胞同士のつながりが緩むため、保湿剤が浸透しやすい状態となります。入浴後10分以内に適量塗ると保湿効果が高まります。
冬は皮膚が乾燥しやすくなるのでしっかりと保湿し、健康な皮膚を維持していきましょう。
当病院には左記分野の専門及び認定看護師が在籍しています。症状や日常生活でのお困り事には、ご相談ください。

専門分野/がん看護、脳卒中リハビリテーション、摂食嚥下障害、認知症看護、糖尿病看護、救急看護、集中ケア、がん性疼痛、がん化学療法、緩和ケア、感染管理、皮膚・排泄ケア
…………………………
看護部 看護師長 石濵 慶子さん
皮膚・排泄ケア認定看護師
JCHO星ヶ丘医療センター
枚方市星ヶ丘4-8-1 TEL072-840-2641

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に