この秋、人工知能による分子矯正医学に基づく健康管理をサポートするシステムをスタートしました。「明らかに不調なのに病院で検査しても問題がない」「お薬を飲まないのは不安だけど少しでも減らす方法はないの?」などとお悩みの方がお見えになります。
医学の父・ヒポクラテスは『あなたの体内に名医がいることを忘れてはならない』との名言を残しています。体内の名医をサポートするためには食事が大切なことは言うまでもありません。ですが食材に含まれる栄養素は昔とは違い、非常に少なくなっています。添加物も多く、調理法だけでなく性格や仕事、生活習慣などの違いによってもビタミン、ミネラルの必要な量は異なります。
約90項目の不定愁訴の中から健康維持、増進に不可欠なビタミン、ミネラルの不足状況を分析して予防医学に基き、個人別の栄養分析を行います。
現在サポートを受けている方では「花粉症が改善した」「肌が若くなって驚いた」「ストレスが軽減したのか眠れるようになった」などのお声が寄せられています。
人は食べたもの、つまり摂取したビタミン、ミネラルの質と量によってこんなにも体調や精神が変わるのですね!
無料の健康相談は、毎週土曜日です(要予約)。

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍

枚方市南楠葉1の1の27
TEL 072-807-3566

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に