21世紀には4人に1人がうつ。3人に1人ががん。そして生まれてくる赤ちゃんの90%以上がアレルギー体質。国際統合医学学会の席上で発表されたことです。
それを少しでも阻止したいと、起業してから20年が過ぎました。この間ずっと提唱してきたのが【有害添加物を排除する】という考え。選んだ時は、とても良い品質のものであっても、トップが代わった時には人知れず品質が悪化していたということが多々ありました。ほとんどは、私もスタッフも愛用している商品をお届けしていますので、悪化にはすぐに気がつきます。そこからまた調べては研究して、上質な商品を選んでまいりました。
何を買うか。それは投票のようなものです。健康を害するものは淘汰されるべきなのです。ですが、ほとんどは大企業のためコストを考えて便利な大量生産をするため安全や安心は置いてきぼりになるようです。
私たち女性は、特に様々な情報を知っていることが重要です。女性が選んだものを信頼し安心して身につけ、食べるのが、ご主人や子どもたちを始め周りの大切な人たちですから。
代替療法研究所は、病院でもなく家族でもない、ストレスなく健康相談が受けられる場所です。「代替療法研究所」で検索ください。

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍

枚方市南楠葉1の1の27
TEL 072-807-3566

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)