青葉美しい季節。「自然に痩せる方法はありますか?」とよく聞かれます。痩せたいなら体重で一喜一憂しないこと。体重だけに着目したダイエットは痩せにくい体質を作ります。
実質、食べなければ痩せますが、代謝が低下し老廃物が滞り始めます。尿素、窒素、尿酸、クレアチニン、ナトリウム、カリウム、血清タンパクといった老廃物の滞留は、血液やリンパ液の流れを阻害し、むくみ、発熱、痛みなどの症状を引き起こす要因になります。 またダイエットの度に基礎代謝が下がるため冷えを感じるようになり、セルライトが発生します。つまり痩せながら次の太る原因を作ってしまうのです。セルライトは脂肪の周りに老廃物や水分がたまり肥大化したもの。血流の阻害や脂質代謝の低下によって皮膚にオレンジの皮のような凹凸が見られるのが特徴です。老廃物の滞留が進行するとセルライトが増えるため、予防として老廃物の排出を促すことが重要です。
体内の老廃物を収集し、運び出すのが静脈やリンパ液、腸などの役割です。静脈血流やリンパ流が滞った場合、老廃物は体外に排出できず血管やリンパ管のみならず、体全体の病気リスクが高くなります。
「自然に痩せる方法」とは解毒力と代謝を正常に戻すことなのです。

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1の1の27
TEL 072-807-3566