女性のためのシリーズ:免疫力アップに植物の芳香油を

梅の花の香しい季節になりました。季節柄インフルエンザ感染が警戒レベルまで広がっています。ワクチン接種をしていてもかかったという経験をされている方もおられるのではないでしょうか。
まずはご自身の免疫力をアップすることが重要です。ひとつ上手にお使いいただきたいのは精油です。植物の持つ豊かな芳香成分は人体に大きな影響をもたらすことは様々な研究結果が出ています。
ドイツでは疲れたら森に行くそうですが、私たちが古来から吸ってきた空気はただの酸素、窒素、二酸化炭素の混合ではないのです。そこには当然、植物から発せられる成分が含まれていたといえます。それらを吸い込むことをヒトの細胞は必要としているのです。森林の中を散歩し美しい空気を吸うことによって気管支の上皮細胞も肺胞マクロファージも喜ぶに違いありません。
手軽に予防したいならユーカリやティーツリーの精油が効果的です。ただし、オーガニックで成分を人工的に変えていないものを選びましょう。
健康は自身で守るもの…そんな知識を身に着けるハーバルカウンセラーのスクール
2月生のレッスンをまもなく開催致します。

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍
サロン・ド・ノーブル

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1の1の27
TEL 072-807-3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です