女性のためのシリーズ:ハーブの薬効は多種多様

お庭ではローズマリーが満開。そばを歩くだけでいい香りがします。この香りは認知症に良いと何度もテレビ放映されていますね。ですが、ローズマリーには70種類以上あり、それぞれ効果が違います。例え同じ学名であっても育った環境によって成分が違います。カンファ、シネオール、ベルベノンなど目的に応じて選びます。
認知症にはローズマリー・カンファがおすすめ。ブレイン・トニック(脳の活性剤)といわれるように記憶力や集中力を高めてくれます。医療的にもアルツハイマーが軽度の場合、改善する可能性があると報告されています。認知症の初期は嗅神経の機能低下から始まります。朝、脳が覚醒する香りを嗅ぎましょう。その時は 合成や人工的ではない香りを選ぶことが大切です。

5月はワークショップを開催します。
お父さんのためのハーブブレンドを学んで、ご自身でブレンドしたハーブティーを父の日にプレゼントしませんか?
血圧や血糖値、肝臓を気にしているお父さんのためのおいしいお茶〝お父さんがんばって”ブレンドのワーショップは5 月22日(水)・25日(土)11時〜開催。
ハーバルブレンダー認定5月生クラスはまもなく開講。
お申込み、お問合せは
☎072・807・3566

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍
サロン・ド・ノーブル

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1の1の27
TEL 072-807-3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です