女性のためのシリーズ:不眠改善法

この時期は不眠でお悩みの方からのご相談が多くなります。特に気圧や気温の変動が激しい時期は自律神経が乱れやすく、眠りたいのに眠れないということになりやすいのです。
なかなか眠りにつけなかったり、眠ってもすぐに目が覚めたり、そんな質の悪い睡眠では疲労が取れず、免疫力が低下します。また感情のコントロールが利かなくなるため、人間関係が悪くなることもあります。まずは自分でできるアプローチに取り組んでみましょう。
1つ目は香りを使う。真正ラベンダーやベルガモットのアロマは副交感神経を優位にし、リラックス効果によって眠りに誘います。
次に、体温を上げることです。就寝の1~1.5時間ほど前にお風呂に入り、体の深部を温めましょう。体温が下がる時に眠くなります。
3つ目は深呼吸です。気が付くと呼吸が浅くなっているかも。深く息を吸って長く息を吐いてみましょう。息を吐く時に体の力が抜けていくイメージです。アロマの香りを深く吸い込んで吐くことを繰り返してみましょう。
健康は自分で守る必要が高まる今の時代、ご自身に合った植物の香りを学んでみてはいかがでしょうか。
ハーバルブレンダーコースのお問合せは
☎072・809・2131

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍
サロン・ド・ノーブル

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1-1-27
TEL 072-807-3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です