女性のためのシリーズ:たんぱく質の摂取で自身の免疫力を!

厚生労働省の調査によると現在の日本人のたんぱく質の摂取量は終戦直後まもなくの時代と同じ水準まで落ちていました。たんぱく質は筋肉や美肌、美髪の材料になるだけではなく全身のあらゆるところで重要な働きをしています。例えば肌のコラーゲンや私たちの生命の維持に欠かせないホルモン、酵素もたんぱく質であり、新型コロナウイルスの流行で重要性が高まっている免疫力を正しく働かせるためにも必要です。また心を穏やかにするセロトニンや、幸せホルモンであるドーパミンなど神経伝達物質の主な材料もたんぱく質なので、不足すれば不調になり老化が進みます。
ただし、取り方により効果の出方が全く違ってきます。たんぱく質は常に適量が体内に保持されている必要がありますが、一度にたくさん食べてもためることはできません。朝や昼に十分に取れず、体内のたんぱく質が日中に枯渇してしまうと、体に悪影響を及ぼしパフォーマンスが低下します。
朝昼夜とまんべんなくたんぱく質を取ることがポイント。コロナ禍の私たちを助けるのは自身の免疫力です。
2021年は素敵な年にしてまいりましょう。
勉強会はリアル&Zoomで。
お問合せは TEL072・809・2131

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍
サロン・ド・ノーブル

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1-1-27
TEL 072-807-3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です