星降る丘から健康便り:抗がん剤治療中の外見の変化「脱毛ケア」

抗がん剤治療による外見の変化は
「脱毛」「皮膚の変化」などがあります。外見の変化について「脱毛は嫌だな」「眉毛が抜けて人相が変わった」など悩みを聞くことがあります。脱毛は、抗がん剤投与により毛母細胞が障害されて起こると言われています。
(1)治療前に準備しておくこと
 脱毛は、起きやすい薬と起こりにくい薬があります。接客業など人と接する機会が多い場合に、外見の変化で仕事や日常生活に支障をきたすことが心配な方から相談を受けることがあります。治療説明時に、心配事や大切にしていることを伝えることで個人に適した薬の選択に繋がる可能性があります。まずは、主治医とよく話し合いましょう。脱毛に備えてキャップやウイッグなどを準備される方もいます。病院内のがん相談支援センターなどにパンフレットや見本が置いていることがあり、ケア方法のアドバイスも受けることもできます。また、眉毛も抜けることがあります。その場合、描くことで対応ができます。描き慣れない方は治療前の顔を撮影しておくと参考にできます。
(2)抜けた毛の片付け
 バンダナやキャップを活用すると毛の散らばりを防げます。また、粘着テープなどを用いると片付けやすいです。
(3)髪のケア
 頭皮が敏感になることがあります。やさしく洗い、ぬるま湯でしっかりすすぎます。今回は、脱毛ケアの一部を紹介しました。外見の変化や、ほかの事でもお悩みの方は、一人で悩まずかかりつけの病院に相談してみましょう。

JCHO星ヶ丘医療センター
認知症看護 認定看護師 木下 千恵さん

JCHO星ヶ丘医療センター
枚方市星丘4の8の1
TEL 072-840-2641

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です