女性のためのシリーズ:腸内環境を整えて健康・快適な毎日を

4月号で花粉症の克服法について書きましたがこの1か月でサロンや研究所のお客様、マイライフ読者の方からお問い合わせを頂き、その全員から「花粉症を克服することができた」とうれしいお声を頂いております。その上、「便秘もなくなった♪」なども。腸内細菌の働きには驚かされますね。

免疫細胞の70%は腸内にあり、コロナ禍では最も注目すべきです。私たちの体内には子猫の重さほどのウイルスが共存しています。善玉もいれば悪玉も、またどちらにもなるウイルスもいてバランスを取っています。つまり、悪玉も必要なのです。悪玉をすべて殺菌するとバランスが壊れて次の新しい悪玉が生まれ、体は対応できず病を誘発します。大切なことは悪玉を駆逐することではなくバランスを取る腸内環境を強化することです。
コロナ禍が収まらない昨今、味噌汁やぬか漬けなど発酵食を頂きましょう。ハーブや日本茶も私たちを助けてくれます。ウイルスだけを怖がるのではなく、それらを跳ね返す体力を養いましょう。腸内環境を調えることは誰でも簡単にできることです。

「コロナ禍にすべき3つの健康法の セミナー」は Zoomで10人、リアル(対面)では3人様まで参加できます。

お問合せは
TEL 072・809・2131

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍
サロン・ド・ノーブル

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1-1-27
TEL 072-807-3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です