星降る丘から健康便り:できるだけ住み慣れた場所で安心して過ごせるために!

新型コロナウイルスが流行し、約2年が経過し不安な日々を送られている方もいると思います。入院を必要としていても面会禁止や制限で入院を躊躇される方や、現在入院中の方で家族の面会も十分できないため、早く家に帰りたいと思われている方も多いと思います。また、介護されるご家族もコロナ禍では自宅で看ていく不安もあると思います。住み慣れた場所で安心して療養生活を送れるために、訪問看護が皆様の強い味方になれるのではないかと思います。

例えば「こんな管が入ったまま家に帰るのは不安」「最後は家で過ごしたい」「できるだけ家で過ごしたい」「何かあった時にどうしたらいいか」「高齢者の2人暮らし、薬を飲み忘れてないか心配」などの相談を私たち訪問看護師は受けることがあります。

訪問看護では、看護師(または保健師)やリハビリスタッフがお宅に伺い、病気や障害に応じて次のような看護を行います。健康状態の観察、病状悪化の防止や回復、療養生活の相談やアドバイス、点滴や注射などの医療処置、痛みの軽減や薬の管理や飲み方の説明、緊急時の対応、主治医・薬剤師やケアマネジャーたちと連携し、できるだけ安心して住み慣れた場所で過ごせるようにお手伝いしています。

ご自分たちで悩まずに、遠慮せずに受診されている医療機関、近くの訪問看護ステーション、地域包括支援センターなどに困っていることをご相談ください。皆様のお困りごとに対してお手伝いしていただけると思います。

JCHO星ヶ丘医療センター
皮膚・排泄ケア 認定看護師 石濵 慶子さん

枚方市星丘4の8の1
TEL 072-840-2641

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です