栄養摂取とハーブで免疫力・抵抗力を高めて

昨年も世界的にコロナに振り回され、TVでは感染者数を恐ろしげに連日報道。しかし悪い面の裏には良い面もあります。死亡者数は、コロナ以前より1万人も少なく、インフルエンザ感染も激減などの良い面は一切報道されませんでした。いたずらに恐がるのではなく善悪両方の情報を得て、自分で判断し、冷静に行動することをお勧めします。

 本日は風邪についてお話します。風邪は発熱、鼻水、頭痛、喉の痛みや咳など症状も期間も個人差があります。それは体質もありますが病原体の種類にもよります。風邪の原因の病原体は数百種類もあると言われていて、単一の病原体なら一度かかれば免疫ができて次に感染しませんが、病原体が多いため、何度も感染します。

 風邪の予防には体の免疫、つまり抵抗力を高めることが大切です。ビタミンAやCを含む食品や抗菌・抗ウイルス作用のあるハーブティーなどを普段から取り入れましょう。かぼちゃや人参、大根、生姜がお勧めです。ハーブティーなら感染を予防するエキナセアやエルダーなど、体を温めて抵抗力を高めるお茶を楽しみながら召し上がってはいかがでしょうか?

 ママのための「ハーブ療法クラス」は、ただ今開講中です。〈サロン・ド・ノーブル〉
お問合せは TEL 072-809-2131
*********************

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍
サロン・ド・ノーブル

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)
枚方市南楠葉1-1-27
TEL 072-807-3566

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。