早春…何かを始めるには良い季節です。「今年こそは血糖値を正常にしたい!」と決意した人たちがこっそりと(笑)研究所に来られます。皆様考えていたより簡単に血糖値が下がるので驚かれます。
糖尿病とは、血液中のブドウ糖がうまく処理されずにあふれ返っている状態です。すい臓から分泌されるインスリンはこの余分な糖を処理しようとして一生懸命働いた結果、疲れ果てて減ってしまいます。
糖尿病自体は痛くもないので、本人は緊急性を感じないため放置することが多いのですが、体内で日々起こっていることを知らないからこそ平気でいられるのでしょう。糖が血液中にあふれ返っている状態とは、じわじわと体に毒が回っていくようなものです。
つまり血管をボロボロにし、神経を傷めるために動脈硬化をはじめ心臓や脳の血管障害、あるいは網膜症による失明、腎症による透析、壊疽による足の切断など、つらい状況になって、初めて「しまった!」と後悔することになります。
血糖値が高い方は、早いうちに解消することが様々な病の予防になります。
なが~く元気でいればこその自由と幸せではないでしょうか。
3月のセミナーは
「貴女のダイエットハーブブレンド体験」
3月26日(日)11時〜 要予約 3,000円

くずは統合医療クリニック理事長
日本メディカルハーブアカデミー主宰
日本がん難病サポート協会理事
一般社団法人 IPH 代替療法研究所
代表理事 佐藤 忍

枚方市南楠葉1の1の27

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に